通信制高校が気になったらはじめて読む記事はこちら>> 詳しく見る

通信制高校生の一日のスケジュール・調子のいい日&悪い日のパターン

通信制の高校生には、時間がたっぷりあるので、逆に難しいのがスケジュール管理です。

  • 通信制高校生はどんな一日を過ごしている?
  • スケジュール管理はどうやっている?コツは?
  • 一日何時間ぐらい勉強している?

このようなご質問をいただきましたのでお答えしようと思います。

目次

通信制高校の一日

調子がいい時のパターン

  • 7:00  起床
  • 8:00  通信制高校のレポート 1~2枚
  • 10:00  勉強 
  • 12:00  昼食~自由時間(昼寝)
  • 14:00  図書館 or カフェで勉強
  • 18:00  帰宅~自由時間
  • 19:00  夕食
  • 20:00  勉強
  • 22:00  入浴~自由時間
  • 24:00  就寝

調子のいい日は、自分の立てた計画を着実にこなしていきます。

娘の場合は高2で一単位も取れなかったので、高3の一年間で提出しなければならないレポートが120枚ぐらいです。

ほぼ最高枚数だそうです^^;

それでも、一枚にかかる時間は多くて1時間ぐらいなので、すぐに終わります。

娘の場合、朝が弱いのであまり頭を使わないで済む通信のレポートを朝イチでやってウォーミングアップをしているようです。

調子が悪い時のパターン

  • 10:00  起床後、勉強しようとするも集中できない
  • 12:00  昼食~ダラダラスマホ
  • 14:00  勉強しようとするも集中できない
  • 16:00  夕方から少し調子が良くなるので勉強
  • 19:00  夕食
  • 21:00  今日は何もできなかったと焦って少し勉強
  • 22:00  入浴~自由時間
  • 24:00  就寝

調子の悪い日は、このようにダラダラとすごすこともあります。

調子の悪い理由は、今は低気圧と生理などです。

全日制高校のころは、ほぼ毎日が調子が悪い日だったので、このスケジュールでもかなり良くなってきている方です。

調子が悪い日でもやらないといけないという気持ちはあるので、夕方以降に焦って少し勉強するということが多いです。

スケジュール管理はどうやっている?

スケジュール管理は、バーチカルタイプの手帳を使っているようです。

娘の手帳の中身までは見たことがないので、どんなふうに使いこなしているかはわからないのですが、モノはこちらのスタディプランナーという手帳を使っています。

時間割のように午前中2時限、午後3時限、夜1時限として計画を立てているといっていました。

コツは、ゆるい計画を立てることだそうです。

一日何時間ぐらい勉強している?

娘によると、たくさんしているそうです^^;

塾の先生からの指示で、一日に7時間くらいはしているとのこと。

受験生の割には少ないでしょうか…?

でも、全日制高校に通っていたころ、絶賛不登校中のころには考えられない時間です。

あの頃は全く勉強しない日がほとんどでしたからね。

精神的に落ち着いて、自分で計画を立てて勉強する未来なんて思い描けなかったです。

ここまで来ることができたのは、娘の場合は個別指導の塾に行ったからだと思ってます。

塾長が不登校に理解ある人なので、親身になって考えてくれて、受験勉強のやり方から指導してくれるので、助かってます。

やはり親だけで支えるのは難しいと感じます。

サポート校などもそういうところに意義があるのでしょうね。

まとめ

以上通信制高校に通う娘の一日のスケジュールについてでした。

  • 誰でも調子のいい時、悪い時がある
  • スケジュール管理はスタディプランナーで管理
  • コツはゆるい計画
  • 一日7時間ぐらい勉強している
  • 塾の先生のサポートにより、ここまでこれた→サポートしてくれる人大事

通信制高校は自分の時間がたくさん持てることがメリットです。

うまくいくと自主性や自己管理能力が身につくと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次