進学校に通っていた娘が不登校になった話

こんにちは。

今日は公立高校のトップ校と呼ばれる学校に通っていた娘が、不登校になった話をします。

娘の特徴
  • HSP
  • 公立高校の進学校2年で不登校(あと3時間欠課で留年)
  • 家族関係は良好
  • 親子で出かけることはできる
  • 部活には行ける
目次

中学時代

中学2年生までは、部活では部長、行事では実行委員長などをする優等生タイプで活発に過ごしてきました。

このころ一時期、突然学校に行けなくなりました。

人間関係がストレスになったようです。

担任に相談すると、中2の3学期だったこともあり、

クラス替え時最大限に配慮するといわれ、苦手な子の名前を伝えました。

すると学校は苦手な子と娘を全員引き離してくれました。

こんなに要望を聞いてくれるとは思わなかったなあ。

中3では比較的穏やかなクラスになったので、

保健室登校もありましたが、ほとんど行けていました。

不登校ではなく、一時的に行けなかっただけかな。

保健室登校は出席日数にカウントされていたのでありがたかったです。

私立高校に行く場合は、学校によっては出席日数が受験に響く場合もあるようです。

高1

高校入学時コロナでオンライン授業になり、登校できたのは6月からでした。

友達ができるか心配しましたが、気の合う子が多く、毎日楽しく学校に通っていました。

定期テストの点数は、平均よりちょっと下ぐらいでした。

部活も兼部して、活動的に過ごしていました。

ただ、普通科なのに帰国子女がクラスに5人はいるような学校で、

英語が苦手な娘は、ハイレベルな英語の授業が不安になるようになってきたそうです。

むすめ

英語であてられるのが怖い

むすめ

学校に行きたくない…

1年3学期からだんだん休みが多くなっていきました。

高2

何とか2年に上がれましたが、すでに英語の授業恐怖症になっていました。

嫌な授業は出られなく、罪悪感により気分も落ち込んでいました。

しかし、部活は好きでハイテンションで楽しんでいました。

双極性障害?適応障害?新型うつ?

などと、様々な情報をあさりました。

結局2年1学期メンタルクリニック受診し、不安神経症、抑うつ状態と診断されました。

薬を飲みながら休み休み這うようにして登校していました。

この時の登校頻度は3日に1回ぐらいです。

そして、とうとう夏休み明けには行けなくなってしまいました。

とても体調が悪そうだったので、

「行かなくともいいよ」と言っていたら一日中寝ていることもありました。

昼夜逆転ではなく、昼も夜もひたすら寝ていました。

何もやる気が起きず、大好きな音楽も本もおしゃれも放棄していました。

なぜ、不登校になってしまったのか?

不登校の原因を探ろうと思って、

なんで学校に行きたくないの?

と何度もきいてました。

不登校の子には聞いてはいけない言葉のようです。

むすめ

学校に行きたいのに行けない。
体が動かない。
行こうとすると吐き気と頭痛する。

HSP気質がある娘なので、学校はつらいところです。

頭ではわかっていても、心で理解するのに時間がかかりました。

口では「行きたくないなら休んでいいよ」なんて言っておきながら、

実際に家でずっと寝ていると、

学校に行っていないんだから勉強は自分ですればいいのに

と思ってしまっていました。

不登校になってから、不登校関連の本やネットで情報を探し、

何とか脱出しようと右往左往しております。

現在娘は、不登校なりにもだいぶ元気になり、

学校へ行っていないときは自分で勉強を進めています。

五月雨登校中ですが、不登校を完全脱出できるかわかりません。

それでも、私が調べたことや試したことを、ブログに残しておくことで、

同じように悩んでいるお子さんやご家族の参考になれたら、幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる