売掛金が回収できない!対処法は?

いくら少額であっても、売掛金が回収できないと資金繰りが悪化し、事業の継続が困難になります。

個人事業主や中小企業の場合、資金がもともと少ないので本当に困りますよね。

私が勤務していた小さな事務所でも、毎月のように支払いが遅れているお取引先様がいました。

小さな事務所だからとナメられているのか、また取引先自体も小さいところが多く資金繰りがよくないのか。

売掛金が回収できないときに個人でやっていたことをまとめます。

目次

売掛金が回収できないときの手順

STEP
まずは電話かメールで督促

メールの文面は以下のように送っていました。あまり回りくどくせず、シンプルに用件を伝えます。

売掛金の支払い督促メール文面例

件名:請求書No.645のお支払いにつきまして

○○株式会社
山田太郎様

いつも大変お世話になっております。○○株式会社の田中花子です。
請求書No.645につきましてのご連絡です。
お支払い期日が○月○日でしたが、
△月△日現在、ご入金の確認がとれておりません。
お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認いただけますでしょうか。
念のため、●月●日にお送りしました請求書を添付いたします。
なお、本メールと行き違いにすでにお支払いがお済の場合は、何卒ご容赦願います。
以上よろしくお願いいたします。

○○株式会社
田中花子

STEP
内容証明を送付する

売掛金には時効があります。

2020年4月1日以降に発生した売掛金は「売掛金の支払期限から5年

(2020年3月31日以前に発生した売掛金は「売掛金の支払期限から2年」)が時効です。

内容証明を送ることにより、時効がリセットされまた1からカウントされます。

内容証明の送り方はちょっと面倒ですが、これをしないと時効で売掛金が回収できない可能性もありますので、

頑張って送りましょう。

内容証明郵便の送り方

STEP
ファクタリングをする

内容証明を送っても相手が支払わない、もしくは内容証明を送るのも面倒という場合には、

買取型ファクタリングを利用します。

買取型ファクタリングとは、売掛金の債権をファクタリング会社に売却することです。

手数料はかかりますが、ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらうことで、

すばやく資金を調達できます。

個人事業主向けのファクタリング会社もありますので、ニーズに合ったファクタリング会社を選びます。

まとめ

個人事業や中小企業にとっては、売掛金の回収不能は事業の存続にかかわる問題です。

私の経験ですが、中小企業の経理は結構管理がずさんなところもあり、

請求書を失くしたり忘れたりしているだけのことも多いです。

できるだけ日ごろから連絡を密にとり、今回のようなステップで回収漏れを防ぐようにしています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる